2016年12月1日木曜日

折角だから、ADHDの話をしよう。2、私がADHDを知ってから今まで①

近況報告。

今日寝坊しました。つらい。
そしてまたスケジュール帳に日程書き間違えてました。かなしい。
前回の続きです。




1、ADHDとは何か(主観多め) ←前回
2、私が診断を受けてから今まで ←今回はここ。
3、ADHD当事者の私のこれから

今回は、自分の話がメインです。
長すぎたので3回に分けます。
では、よろしくお願いします。


2、私がADHDを知ってから今まで


⑴ADHDについて調べ始めたきっかけ (ココ)
⑵専門機関について (ココ)
⑶専門機関からみた私
⑷ADHDを知ってからの私



⑴ADHDについて調べ始めたきっかけ


まず、私はサークルやバイトで結構な「やらかし」をしています。
どの程度のものかといえば、社会不適合者だなーくずだなーと誰しも思うぐらいの。

友人関係には割と恵まれていたのですが、そこでも約束の時間を守れないことが多く、また普段の生活で、大事なものを忘れたりすることが多々ありました。
私が「やらかし」具合を見ていた友人が、ADHDのことを教えてくれたのが、私がこの障害をきちんと知ろうと思うようになったきっかけです。

友人は、知人の話を聞いて、私の注意不足はADHDだからなんじゃないかと思い、私に検査の受診等を勧めてくれました。
私は正直「自分がクズなのは自分が性格悪いからだ」と当時思っていた(今も思ってる)ので、自分が障害なんてことはちっとも考えていませんでした。

追記:友人より。
知人の話を聞いて「古月さんもADHDじゃね?」と思ったというわけではなかったみたいです。
高校の頃にテレビ番組で大人の発達障害についての特集を見て、大学の授業でも授業でADHDについて知り、そこで私のことを心配してくれたそう。
でもなかなか切り出すタイミングがなく、知人の話を聞いて、私に話してみようかなと思ったそう。

そこからちまちまネットでADHDについて調べ始めて、また、学内の諸機関を利用するようになりました。
カウンセリングや検査を受けたりして、最終的には大学病院を紹介されることになり。
今は継続して学内の諸機関を利用しつつ、大学病院に定期的に通院しています。



⑵専門機関について


これまでお世話になったメンタルX、学内H、学内C、大学病院の4つの機関について軽くお話しします。

【メンタルX】

駅から近いという理由だけで、取り敢えず薬を飲んで試してみようと思い、最初に行った病院です。ストラテラを処方されました。しかし次回の予約をすっぽかし、それ以来行ってません。
取り敢えず薬物療法に飛びつくことしか考えてなかった頃。
この病院は割と冷たい雰囲気でしたが、以下の3機関は暖かい雰囲気で私を迎えてくれました。


【学内H】

Hには定期的にカウンセリングに行っていました。現在は利用していません。
その理由は、先生が空いているのが特定の曜日の午前中のみで、最初こそきちんと行っていたのですが、ある日を境に朝起きられなくなって、そのままずぶずぶになりました。察し。
メンタルXは一回しか行かなかったので、実質的に学内Hが初めて利用した専門機関でした。
何も知らない状況だった私に、ADHDの初歩的なことを教えてくれました。
親身になって話を聞いてくれたので、私も話しやすかった。
ここで大学病院への通院を勧められました。
また、私の生活への支障の程度から、ストラテラよりも強いコンサータを試すことを勧められました。


【学内C】

Cは知能検査を受けるために最初利用しました。
現在も定期的にカウンセリングを受けています。
またキャリア形成に関しても詳しいので、将来のことなども相談したりしています。
他に、私の家庭環境はとても健全とはいえない状況なので、そのこともよく相談しています。
私は割と話好きなので、担当の先生には割と込み入った事情まで筒抜けという感じです。
ここでのカウンセリングは、直面している問題に対してひとつずつ、どのように対処すべきかを毎回決めるスタンスです。

例えば、遅れることがわかっているのに連絡が遅くなるのが常な私は、これまでもそのせいで失敗をしてきました。
Cでは、遅れるときは連絡を入れるように、ということを実践するようにしています(社会人として当然のことがその歳でできないとかプギャーって思わないでください)。
また、スケジュール表に書いたくせに、スケジュール表を定期的にみる習慣がついていないために、予定の存在を忘れることが多かったので、時間を決めてみるようにしよう!と取り決めたのもこのときです。なお取り決めを守っているとは言っていない(死)
最近スケジュール帳に書き間違えるミスが重なったので、次回のカウンセリングの時はこのことを相談しそう。つらい。


【大学病院】

大学病院は薬の処方目的で最初は利用しました。
現在も薬の処方と通院療法目的で定期的に通っています。
軽い課題が出て、それをやってきてADHDの克服を目指すというスタンスでやってます。
優先順位や時間の管理、認知の歪みについて少しずつ学習しています。
使ってる本はこれ。

本当だったらもう少し早く薬の効果を見ることができるはずだったのですが、いかんせん約束破り魔なので、最初は4月に数回行っていたのですが、そのあとに行ったのが8月になるという体たらくでした。ひどい。

大学病院は、予約をすっぽかしてしまうと、普通なら再予約は割と手間のかかります。
しかし、上述の経緯もあって、今は予約外でも診察が可能な先生に主に診てもらっています。
ちなみに、ついこの間も、一回起きられなかったことを境に、一か月さぼってしまいました。こういうの本当になんとかならないのか。ううう。

最初はストラテラの処方を受けていましたが、副作用なのか、飲んだ後に強烈な眠気があり、勉強に全く身が入らなくなるレベルだったので、コンサータに移行しました。コンサータは今一番少量なので、まだこれからというところです。
生活リズムが崩れやすいので、加えてロゼレムという薬も飲んでいます。
メラトニンの吸収をよくする薬、だったかな。
意識しないと、飲み忘れがちです。うーん。

次→折角だから、ADHDの話をしよう。2、私がADHDを知ってから今まで②

最後→折角だから、ADHDの話をしよう。2、私がADHDを知ってから今まで③


0 件のコメント:

コメントを投稿