2017年1月18日水曜日

連絡を取るときはメール派?電話派?


私の友人には電話が苦手だって言う人が多いです。出来ればメールで連絡を取るようにしたい派が多いっぽい。
私は基本メールより電話派です。
小ネタで一本。よろしくお願いいたします。



メール派?電話派?と聞かれても、そんなんケースバイケースだよって人が多いと思います。
私も基本的にはそうなんですが、電話かメールのどちらでもコンタクトを取れるなら、電話を選びたいかなって人。


まず、電話とメールのデメリットとメリットを取り敢えず挙げられるだけ挙げてみます。


電話のデメリット

  • 確認事項がある場合は、それを聞き漏らしたりする可能性が高くなる(確実性:低)
  • 粗相を起こしやすい(敬語とかマナーとか)(粗相可能性:高)
  • 顔が見えず声だけで感情を判断するのが難しい(感情判別可能性:低)
  • 改めて確認したいことがある場合は電話をかけ直す必要がある(不可:情報保持)
  • 時間を考えて連絡をする必要がある(要:時間考慮)

電話のメリット

  • 文面を考える手間が省ける(時間:短)
  • 分からないことがあれば、電話中に聞いてしまえば直ぐに確認が取れる(即応性:有)
  • 会話の流れに任せてしまえば、特に細かいことを考えずに連絡できる(受け身具合:高)
  • 記録に残らないから、粗相があってもその粗相を改めて確認されたりはしない(一過性:有)

メールのメリット

  • 確認漏らしのリスクが電話より低い(確実性:高)
  • 文面をよく考える時間があるので、粗相を起こしにくい(粗相可能性:低)
  • 無機質的なので、そもそも感情がどうという問題にはならない(不要:感情判別)
  • 相手は都合のつくタイミングで返信して来るので、送る側は送信時間はあまり考えなくて良い。(不要:時間考慮)
  • 記録に残るので、以前確認したことを改めて確認したい時に、すぐに確認できる(可:情報保持)

メールのデメリット

  • ちゃんとしたメールを送ろうとしたら何分もかかってしまう(時間:長)
  • 分からないことがあってメールに記載したとしても、返信が来るまでは確認できない(即応性:無)
  • 記録に残るので、誤字などの粗相は、見返して確認されることもある(一過性:無)


ー電話とメール、それぞれのメリットとデメリットを踏まえての、私の場合の話。



例えば何か予約する時や、バイトの申し込みの連絡をする時は、私はできれば電話を使いたいと思っています。
なぜなら、メールは文章考えるのが時間かかって、面倒くさいからってのが一番。メールのデメリットへの意識が強い。

私は基本的に誰に対しても、丁寧に、分かりやすいメールを送ろうとしています。
その影響で、一つのメールを送るのに結構時間かかってます。1メール、長くて30分を想定している。
30分もかかるメールより、5分で終わる電話の方が良いと思うのは変なことじゃないよね?
もっとメールを簡素に15分ぐらいで完成させろよってツッコミを受けそう。仕方ないね。タッチタイプできないし。

相手が親しい人なら、本当は丁寧にする必要はないかもしれません。友人へのメールですら割とかために書いてる。
親しい人でなくても、割とテキトーなメールで十分な時ってあります。
でも、あとで見えるような形で失礼をしたくはないし、せっかく文章にするなら誰にでも伝わるような分かりやすい文章にしたいと思うから。
また、身内に日本語ダメな人が多いため、身内に送るメールこそ誰が読んでも分かるような文章しなければならないと意識しており、その影響もあります。



メールのデメリットへの意識が強いのに対し、電話のデメリットへの意識はあんまりありません。
電話へのデメリットへの意識があんまりないのは、電話のメリットに挙げた「一過性」を割と意識してるからなのかな、と思います。

私は贔屓目に見たとしても、とてもじゃないけれど電話が上手い方とは言えません。
敬語は得意ではなく、よく謙譲語と尊敬語を間違えたりするし、滑舌が悪くて噛んじゃったりもします。
電話で粗相を起こしやすいのに、電話派なのは、別に粗相をしても良いと思っているからです。

何かの予約や申し込みなど、大抵一瞬の付き合いで終わるもののために、わざわざ色々考えたり気にしたりする必要はあまりないと考えています。
電話の向こうの人が何を考えているかなんて考えても分からないし、多分何も考えてないだろうって考えたほうが気楽。
変なこと言っちゃったとしても、相手の記憶に残らないもの。誰かと話したことを忘れたり、相手に忘れられたりするのと同じ。



なお、大事なことはメールなどの文章で伝えた方がいいと思っています。
電話よりも分かりやすさが増すし、記憶だけでなく記録にも残るために振り返りやすいから。
例えば親に奨学金について相談や連絡するとか、「仕事」として誰かに連絡をとる必要があるときとか。

あと、謝罪の連絡とかなら、電話は嫌です。流石にメールの方が良いです。
いくら電話が一過性だからといっても、罪悪感で焦りまくって呂律が回らなくなったりしたら恥ずかしい思いをするし、電話口で怒られたりしたら怖いから(臆病者)。
メールの方が幾分か冷静になって謝意を述べられる気がします。



先ほど「仕事」としての連絡について、大事なことを明確に伝え、後々確認できるようにするという意味でメールが良いと述べました。
それ以外にも、メールの方が良いと思う理由があります。仕事での電話は嫌だからです。

「仕事」としての電話は、所属するところの信用などのイメージに結びつくので、とても一過性のものとは言えません。
自分一人が多少恥ずかしい思いをするならまだしも、自分の粗相のせいで所属先に悪いイメージがついてしまっては後が怖いです。
敬語をマスターして、どんな質問にも応えられるようなスーパー仕事できるウーマンになれば、電話が嫌ということもないのでしょうけれど、そういった経験はあまりないもので。



ー関係ないようである話。


パロール(話し言葉)とエリクチュール(書き言葉)についての講義を昨年受けました。

そこで、愛の告白は、パロールでされたいか(直接言われたり囁かれたりしたいか)、エリクチュールでされたいか(ex.文通)という質問が講義中にあって。

大多数が手を挙げたのがパロールだったのですが、私はエリクチュールに手を挙げました。
愛の告白なんてものは、私にとって縁もゆかりもない話と言っても過言ではないのですが、一般的に愛の告白は「大事なこと」にあたるのではないかと思ったので、大事なものは書き言葉の方が良いだろうと考えた結果です。

(じゃあ手紙で愛の告白をされたいのかと聞かれたら断じてそんなことはない)
(そもそも恋愛感情なにそれおいしいのって感じだから設問自体にピンときてない)


ー終わりに。


皆さんはどっち派でしょうか。
こう言う理由でメール派or電話派って考えてみると、結構性格出るかもしれません。
メールと電話のそれぞれのメリット・デメリットについては、私が思いついたものだけを挙げているので、他のメリット・デメリットもあれば聞きたいです。
皆さんのご意見を是非お聞かせください(?)

まあ連絡さえ出来ればどっちだって良いと思うけれどね。
ほうれんそうだいじ!ほうれんそうだいじ!ほうれんそうだいじ!

古月莉希

P.S.
うっかり0:30過ぎちゃった。早寝早起き一週間チャレンジとはなんだったのか。
まだ一週間チャレンジを続けているような感じですが、結構早起きに関しては出来てます。
早寝が課題(今も守れてない)。それでもチャレンジしてない時に比べたら早く寝られている…かな?
もう寝ます、おやすみなさい!

0 件のコメント:

コメントを投稿